ここから本文です

Yahoo! JAPANカードSuicaは、海外・国内旅行傷害保険もついている!

本保険サービスのご案内は、お持ちのカードに付帯(利用条件付)させていただいている保険サービスの概要についてご説明させていただいたものです。実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款および特約条項等に基づきます。(引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)

国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険

国内旅行損害保険

担保項目 保険金をお支払いする場合 保険金額
※公共交通乗用具搭乗中 被保険者がカードにより公共交通乗用具搭乗券をあらかじめ購入し、公共交通乗用具に乗客として搭乗中の急激かつ偶然のケガが原因で 1.事故の日から180日以内に死亡された場合 2.事故の日から180日以内に後遺障害が生じた場合 3.医師の指示に基づき入院された場合 4.ケガの治療のために入院し所定の手術を受けた場合 5.通院により医師の治療を受けた場合 (注)1,000万円 ●お支払いする保険金 死亡の場合…1,000万円 後遺障害の場合…後遺障害の程度により40万円~1,000万円 入院保険金 日額3,000円フランチャイズ7日(※)通院保険金 日額2,000円フランチャイズ7日(※)
宿泊火災 被保険者がノークーポンシステムを利用して予約を行った宿泊施設に宿泊中、またはあらかじめカードで宿泊料金を支払った宿泊施設に宿泊中に火災・破裂・爆発によって被ったケガが原因で
※募集型企画旅行参加中 被保険者がカードにより宿泊を伴う募集型企画旅行の料金をあらかじめ支払い、募集型企画旅行参加中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で
<お支払いする保険金>
(1)死亡保険金(受取人は被保険者の法定相続人)
(2)後遺障害の程度に応じて、死亡・後遺障害保険金額の4%→100%
(3)「入院保険金日額×入院日数」ただし、事故の日から180日以内の入院で、かつ180日が支払い限度
(4)手術の種類に応じて、所定の倍率5倍、10倍×入院保険金日額(ただし、手術を受けた場合で、1回の事故につき1回の手術に限る)
(5)「通院保険金日額×通院日数」ただし、事故の日から180日以内の通院でかつ90日が支払いの限度
※平常の業務に従事することまたは平常の生活に支障がない程度に傷害がなおったとき以降の通院に対しては通院保険金をお支払いしません。
(注)他のクレジットカード付帯の傷害保険にご加入の場合は、死亡・後遺障害、入院、通院の保険金額・保険金日額は合算されず、いずれか高い方がお支払い限度となります。

※公共交通乗用具とは・・・航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶、バス等をいいます。

※宿泊を伴う募集型企画旅行とは・・・旅行会社が、旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地及び日程、旅行者が提供を受けることができる運送又は宿泊のサービス内容並びに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行(旅行業法第12条の3の規定に基づく標準旅行業約款募集型企画旅行契約の部第2条第1項に規定するもの)をいいます。詳しくは旅行代理店にご確認ください。

※事故の日から8日目以降、入院、通院の状態にある場合に、1日目から保険金が支払われます。

※いずれの場合もカード会員がカード会社またはカード加盟店で公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金をYahoo! JAPANカードSuicaで支払った場合(*)に保険金をお支払いします。(上記「保険金をお支払する場合」をご参照ください。)

*クレジットカードでの決済のことを指し、Suica(チャージ分)で支払った場合は保険金のお支払いの対象とはなりません。
補償の対象とならない主な例
傷害事故
  保険契約者・被保険者・保険金受取人の故意または重大な過失による事故   被保険者の闘争・自殺または犯罪行為
  戦争・暴動等変乱、放射線照射、放射能汚染、原子力核反応による事故   被保険者の脳疾患・疾病・心神喪失による事故
  地震・噴火・津波による事故(国内旅行のみ)   被保険者が危険なスポーツ活動中の事故 など
  被保険者が自動車・原動機付自転車・モーターボート等によるレース中(レースに準ずるものおよび練習中を含みます)の事故

※危険なスポーツとは・・・山岳登はん(注1)、リュージュ、ボブスレー、スケルトン、航空機(注2)操縦(注3)、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗、超軽量動力機(注4)搭乗、ジェイロプレーン搭乗その他これらに類する危険な運動をいいます。

  • (注1)山岳登はん・・・ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するもの、ロッククライミング(フリークライミングを含みます)。
  • (注2)航空機・・・グライダーおよび飛行船を除きます。
  • (注3)操縦・・・職務として操縦する場合を除きます。
  • (注4)超軽量動力機・・・モーターハンググライダー、マイクロライト機、ウルトラライト機等をいい、パラシュート型超軽量動力機(パラプレーン等をいいます)を除きます。
万一事故にあわれた場合のご連絡先
お問い合わせ先の電話番号は、カード送付時に同封の「ご利用のご案内」にてご確認ください。
カード会員サービスメニュー
本文はここまでです このページの先頭へ